ネットワーク制限とはなんでしょうか

こんなタブレットは買取りできません。たとえば「ネットワーク利用制限」がかかっているものがそうです。では、「ネットワーク利用制限」とは何でしょうか?

「ネットワーク利用制限」とは何か。

「ネットワーク利用制限」とは、ネットワーク制限確認で×判定のものです。では、どんな場合に×判定されるのでしょうか。「ネットワーク利用制限」とは、端末の製造番号を携帯電話会社のシステムに登録することで、
その携帯電話を使用した通話や通信を制限する機能です。
この制限がかかっているタブレットは、買取りできませんので、×判定がされるのです。

「ネットワーク利用制限」の判定は、それぞれのキャリアで調べることができます。

つまり、キャリア側で、利用制限をかけているため、登録している本人しか利用ができない状態になっているのです。そのため、不特定多数の人々に販売することが困難になっているのです。
これらの利用制限がかかっているかどうかは、ソフトバンク・ドコモ・auの各携帯電話会社のWEBサイトで簡単に調べることができます。
こられのWEBサイトを開いて、タブレット本体に記してある製造番号を入力することで判定が出てきます。
買取のショップでは、買取の際にこの作業をして、調べます。ここで、×判定が出ますと、買取してもらえませんので、あらかじめ自分で調べておくのが良いでしょう。

どうして×判定が出るのでしょうか?

ではどうしてこのような利用制限がかかるのでしょうか。最もよくある理由としては、タブレット端末のローンにおける支払いが完了していないことが考えられます。ですから、端末代のローンを完済することで判定が変わりますので、そのあと買取に出すのが良いでしょう。
また、支払いが済んだばかりですと、△判定が出ることがありますので、早めに支払いを終えておくことが大切です。

支払いを終えて大手を振って買取に出しましょう。

このように、ネットワーク利用制限を解除することで、買取してもらえますので。きちんと対応してからショップに行くといいですね。

関連する記事