破損しているタブレットも買取してもらえる場合があります

こんなタブレットは買取りできません。たとえば、破損、故障、水濡れなどで正常に動作しないものは、買取してもらえません。
しかし、破損していても買取してもらえる場合がありますので、あきらめてしまうのは早いです。

 電源が入らなくても買取してもらえるのでしょうか?

ここで重要なのは、タブレットの機能が正常に動作しないときには、買取できないということです。たとえば電源が入らない、タッチ操作をしてもアプリの立ち上げや作動ができない場合は買取してもらうことはできません。
ただし、電源が入らない理由として、水濡れ等ではダメですが、単にバッテリー切れの場合もあります。バッテリー切れの場合は、バッテリーを入れ替えてみれば正常に動作する場合があります。自分でバッテリーを購入して、動作すればいいですが、しなかったときはもったいないですよね。買取してもらえるショップで確認してもらうこともできますので、ダメ元で一度持って行ってはいかがでしょうか。

 軽微な破損なら、買取してもらえるかもしれません。

軽微な破損の場合は、買取してもらえう場合もあるのです。では、軽微な破損とはどのようなものでしょうか。
たとえば、よくあるのは、ガラス面が割れている場合です。いわゆる「ばりタブ」と言われる状態です。どうでしょう、ガラスの表面がヒビが入っていたり、割れていても、動作は正常にできているでしょうか。正常に作動しているのならば、買取してもらえる可能性が高いです。
ヒビが入っているだけでなく、ガラスの破片がぼろぼろ落ちている場合でも、動作に問題がなければ買取してもらえる可能性がありますよ。

 ガラス破損のタブレットも買取してもらいましょう。

正常に動作さえしていれば、ガラス面が割れていても買取してもらえる場合があります。一度ショップで相談してみてはいかがでしょうか。

関連する記事