初期化をしてから買取ショップに持っていきましょう

こんなタブレットは買取りできません。操作上のロックなど、本人でないと操作できない機能が残っている場合は、買取ができません。事前に自分で、削除してから買取ショップに持っていくようにしましょう。

 端末ロックがかかっているものは、削除しておきましょう。

電源を入れたり、ロックがかかっている状態の端末を再起動するときには、パスコードを入れる必要がありますよね。第三者による無断使用を防ぐためのものですが、この設定が残ったままですと、買取してもらえません。
ですから、売りに出す前に自分でしっかり初期化しておく必要があります。
初期化のやり方は、各メーカーのオンラインマニュアルに載っていますので、自分で調べることができますよ。
また、初期化に必要とするPINコードなどは、「契約申込書(お客様控え)」に記載されてる場合もありますので確認しておきましょう。

「iPadを探す」機能もオフにしておきましょう。

iOS7以上のタブレットでは「iPadを探す」機能が搭載されています。どこかに置き忘れたときなどに、GPS機能を使って、その所在を探すことができるようになっているものです。大変便利な機能ですが、これがオンになっている場合も、買取してもらえません。
なぜなら、この機能を使えば、遠隔操作でロックをかけることができたり、データを消去したりすることができるからです。
ですから、この場合もオンラインマニュアルに書いてある手順で「iPhoneを探す」機能をオフにしておきましょう。

 暗証番号の類はすべて初期化して、すっきりした状態で買取に出しましょう。

そのほか「おさいふケータイ」などのICアプリなども削除しておきましょう。このように、何もロックがかかっていない、初期化した状態で買取に出すことで、スムーズに買取してもらうことができます。

関連する記事