DVDコピーにおけるよくある質問

DVDコピーにおけるよくある質問についてお話していきたいと思います。
・よくある質問。
Q:代金引換で領収書発行は可能か。
A:代金引換で利用される場合、配送業者が渡す伝票が正式な領収書です。
基本的には、別途で領収書を発行することはしておりません。
Q:返品は可能か。
A:コピーしたDVD・テープ・メディアは商品の性質上、転売が不可能な為、互換性の都合であったり、お客様の都合による返品や交換、また、お申し込み後のキャンセルはご容赦ください。
ただし、業者の責任による不具合が発生した場合はその限りではありません。
この場合、修正後に再度納品致します。
その際の送料や手数料は業者負担となります。
Q:マスターディスクの個人情報(映像などの守秘義務など)は問題ないか。
A:お客様から預かったテープ等のマスターディスクの収録無い様につきまして、第三者に対して、開示・提供・公表・漏洩することは一切御座いません。
qejytd
また、セキュリティーを厳密に管理していますので安心して頂いて結構です。
Q:画質は改善できるのか。
A:ビデオテープ等(各種メディア含)、そのままの画質でのコピーとなっています。
BL(ブルーレイ)も同様です。
Q:VHS3倍モードで録画しているが問題ないか。
A:DVD2枚に分けて録画致します。
BL(ブルーレイ)は1枚に録画致します。
別途お申し出が無い限り、ビデオテープ(他各種メディア含)の録画時間、全て録画致します。
DVDコピーにおける概要・注意事項・コピーガードについてお話致します。
・概要については以下の通りです。
デジタルコピーガードによって画質が劣化するということはありません。
パソコンにてDVDからHDD(ハードディスクドライブ)へのデータ転送は行うことが出来ません。
コピーマシン(デュプリケータ等)によるコピーも不可能です。
アナログのダビングには対応しておりません。
最後にご注文をして頂いた日付から1年間は、マスターデータを保管しておりますので、コピー料金のみでご利用頂けます。
・注意事項については以下の通りです。
お持ち頂くDVD-Rのデータ容量は4GB(パソコンでは3,725GBと表示されます)以内にて入稿して下さい。
4GB(パソコンでは3,725GBと表示されます)以上での入稿の場合、店側で圧縮させて頂きますので、多少画質が劣化してしまう恐れがあります。
DVDビデオ方式でのみ対応していますので、データファイルは対応しておりません。
納期は、マスターディスク入稿→チェックの後1〜3営業日程度のお時間を頂いております。
詳細はお申し込み時にご確認下さい。日本ビデオサービス・ディスクズならDVDコピーを格安でお受けいたします。ご利用ください。
本サービスにおいて、コピーガード信号を付けた上で再生互換性を保つことが必要とされる為、確実に全てのコピー行為を防げる仕様では御座いません。
現状、いくつかのDVDドライブや、ソフトウェアを利用した場合、本サービスのコピー防止機能が作用されない事例が確認されています。

更新情報

◆2015/08/01
DVDコピーにおけるよくある質問の情報を更新しました。
◆2015/08/01
テープメディア→DVDメディアの情報を更新しました。
◆2015/08/01
ビデオテープからDVDコピーへの注文の流れの情報を更新しました。
◆2015/08/01
ブルーレイからDVDコピーをすることは不可能?の情報を更新しました。
◆2015/08/01
DVDコピーにおける「1層式」と「2層式」の違いの情報を更新しました。